REAL VOICES私たちの仕事とは

営業

テルイ シュンスケ

照井 俊亮

アルフレッサ メディカルサービス株式会社
第1営業本部営業3部営業3課
2017年4月 入社
理工学部 生体医工学科 卒業

INTERVIEW 01

入社理由は何ですか?

医療にとても興味があり「医療に携わることができる」ことを最優先に考えていました。様々な企業・業種を見る中でSPD業務(院内物流管理)を知り、医療従事者の方々と近い距離で医療に携わることができる、医療行為に専念できる環境をご提供でき、社会貢献・自身のやりがいに繋がると感じた為、入社を決めました。

INTERVIEW 02

現在の仕事内容を教えてください。

病院内でのSPD業務を行っており手術室業務を担当しています。定数として必要な医療材料を管理し、適正定数の提案により効率の良い医療材料の提供を図れるよう取り組んでおります。また営業活動として医師や看護師へ優位性のある医療材料のご提案、価格交渉により病院経営や当社への利益拡大に向けて取り組んでおります。

INTERVIEW 03

この仕事の好きなところは何ですか?

院内に常駐している為、医療従事者と近い距離で働く中で商品に関してや運用に関してなど沢山のご意見、ご要望をいただくことがあります。メーカーや病院事務と連携を図りいただいたご要望に対してより良い提案をすることで「ありがとう」などの感謝のお言葉をいただけることがこの仕事の最大の魅力だと感じています。

INTERVIEW 04

自分のどんなところがこの会社/仕事に合っている・向いていると思いますか?

医療現場で抱えている問題点やご依頼に対して様々な提案をし医療に貢献することが自身のやりがいとなっており、様々な医療材料を取り扱う為、使用方法や価格面といった多角的な視点でご提案できる環境が自分に合っていると感じます。医療知識習得に向けて前向きに自主学習できることもこの仕事に向いていると感じます。

INTERVIEW 05

休日の過ごし方をお聞かせください

感染症が流行する前はドライブで近隣の観光地を巡ったり、年に数回旅行に行ったりとしていましたが、最近は感染症予防の為、外出は控えるようにしています。苦手な料理をするようになり、ネットを見ながらですが色々な料理を作れるように奮闘中です。感染症が収まり、以前のように自由に外出できる日が来ることを願います。