成岡 慶久 | 薬剤師×「本社」アルフレッサグループで活躍する多様な薬剤師

薬剤師 × 本社

薬剤師の仕事、開拓中です!

成岡 慶久

本社事務職(卸)

2017年4月

アルフレッサ株式会社
人材開発部 人材開発グループ
INTERVIEW

インタビュームービー

Q1なぜ薬剤師×◯◯?

地元静岡の支店が私のキャリアのスタート地点でした。薬剤師職として4年勤務をし、その後本社人材開発部に異動して参りました。現在は薬剤師職、MS職の採用活動を中心に業務を行っております。支店薬剤師の経験を生かし、特に薬剤師職の採用へ尽力しています。また、本社では他にも、薬事やDI、再生医療や、コンサルティング、経営企画など各分野を扱う部署で薬剤師が活躍しております。高度な医療や医薬品の適性流通等に対応するため、様々な部署が薬剤師の専門知識を必要としています。今後も本社での薬剤師の活躍フィールドは広がっていくはずです。

Q2就活ストーリー、入社の決め手

医薬品卸の存在は、薬局実習でアルフレッサの支店に見学へ行ったことで知りました。この時期に知る方が多いのではないでしょうか。そこで、管理薬剤師の先生が支店の社内外さまざまな人と連携を取り、医療情報を繋いでいた姿を見て、薬剤師にもこんな働き方があるんだ!と自分の薬剤師に対する価値観が変わりました。アルフレッサの薬剤師の医療における幅広い働き方に憧れ、入社を決めました。

Q3現在の仕事のやりがい

人材開発部に異動して日が浅いため、現在は新しい仕事を覚え研鑽を積んでいる身ではありますが、支店薬剤師とは全く違った経験が出来ていることに少しずつやりがいを感じています。大勢の前で話すことや、採用イベントを設計し運営することなど、今まで経験し得なかったことが出来、人生の糧になっていると感じています。また、本社での業務は良くも悪くも会社全体へ影響するため、やりがいとともに大きな責任を感じ始めています。

Q45年、10年後のキャリアプラン

まずは人材開発部で戦力になることを目標にキャリアを積んでいきます。特に人と人との繋がりの重要性を学びたいと考えています。その後は薬剤師の仕事に一度立ち返りたいと思います。新人の時には意識ができなかった、人と人との繋がりの重要性を心に留め、本当に必要とされるDI資料の作成に携わりたいと夢見ております。アルフレッサで働く全社員のみならずあらゆる人々が必要とする情報をお届けできる薬剤師を目指します。

Q5国家試験の乗り越え方アドバイス

9月頃より大学による試験対策講義や塾講師による講義などが始まる大学が多いと思います。基本ではありますが、その講義内容を国試対策本と照らし合わせながら繰り返し復習をし、過去問や模擬問題で理解度を確認することがとても効果的です。ただ、勉強だけをし続けるのは大変です。私は、一日の中で必ず自由時間を数時間設けたおかげでメンタルを保つことができました。日々の自分にご褒美をあげることも大切です。