前野 真由香 | 薬剤師×「ママ」アルフレッサグループで活躍する多様な薬剤師

薬剤師 × ママ

育児と両立、頼られる薬剤師へ

前野 真由香

薬剤師(調剤薬局)

2017年4月

アポクリート株式会社
薬局事業本部
INTERVIEW

Q1なぜ薬剤師×◯◯?

子供は思った以上に風邪をひくので仕事を休まないといけない場面も多くありますが、育児を経験している先輩が多いこともあり、温かい言葉をかけていただけるので安心して働けます。また、時短制度を使い夕方も早めに帰れるよう、シフトもラストにならないように朝から夕方までのシフトに考慮していただいています。早く帰らせてもらっている分、夜、子供が寝た後に自分の時間ができるので勉強をしたり勤務中に気になった内容を調べたりしています。

Q2就活ストーリー、入社の決め手

入社の決め手は研修制度が他の薬局に比べて充実していたからです。新入社員研修が1か月と長かったため、学生から社会人への気持ちの切り替え、働く上での基礎を身に付けられると思ったからです。その後のフォローアップや階層別の研修も充実していたことが魅力でした。また、配属店の希望に柔軟に対応していただけたことも理由の一つです。

Q3現在の仕事のやりがい

患者様に「話を聞いてくれてありがとう。相談できてよかった。」と言っていただけると力になれたのかなと思いうれしいです。命にかかわる仕事をしているので責任感を持って働くこともやりがいの一つです。

Q45年、10年後のキャリアプラン

「あなたになら任せられる!」と思ってもらえるような薬剤師になりたいです。まだ今の店舗に配属されて間もないので、まずは患者様に顔を覚えてもらい、かかりつけ薬剤師になれる準備をして、地域に根付いた薬局の薬剤師になっていきたいと思います。

Q5国家試験の乗り越え方アドバイス

一人で黙々と勉強するだけでなく、友達と一緒に勉強する時間も作りました。自分だけの勉強で抜けていた部分を埋められたり、分からないことは教えてもらい、逆に質問に答えることで自分の理解度も分かったりするので勉強になりました。友達は分かっているのに自分は分からないというのが良い意味でも焦りになりました。ゴロも自分で作ると作っている時間も勉強になるので自作のゴロもたくさん作っていました。